Site search

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

固定ページ

アーカイブ

タグ

カテゴリー

最近のコメント

訪問介護の仕事内容

安定した職業として注目を集める介護の仕事。在宅療養されるお年寄りが増えてきたことから、訪問介護の需要がどんどん上がってきています。訪問介護の仕事は主に3種類に分類されます。生活援助・身体介護・通院等乗降介助の3つです。
生活援助は掃除・洗濯・料理・買出しなど高齢者の生活全般をサポートする仕事です。あくまで生活援助なので、医療行為は利用者に頼まれても行う事はできません。医療行為かどうかの判断が難しい場合は介護事業所に指示を仰ぎます。身体介護は食事、入浴、着替え、排泄など実際に利用者の体に触れて行う介護サービスです。男性利用者の身体介護を行う場合もあるので、体力・筋力も求められます。最後に通院等乗降介助は高齢者が施設や病院に通う時のサポートをすることです。
訪問介護の仕事はきついというイメージがありますが、業務内容は訪問先の高齢者によって大きく異なってきます。そのため、身体介護が殆どなく負担の少ない生活援助中心という場合もあります。これはメリットでもありますが、訪問先によって業務の難易度が変わるのはヘルパー間で格差・不満を生みだします。雇用形態は非常勤が圧倒的に多く、正社員契約のヘルパーは少ないです。非常勤のヘルパーが入れない時に正社員が担当するという事業所が多いです。非常勤のヘルパーは自分の都合の良い時間に働けるというメリットもあります。非常勤で働く場合の時給はおよそ1000~1500円と高めですが、移動時間は時給に含まれないことが多いので結果的に収入がプラスになるのかどうかを調べておく必要があります。

Write a comment